西宮市|さきたクリニック-院長のひとりごとコラム-オリンピック、パラリンピック無事閉幕

さきたクリニック
院長のひとりごと コラム HOME
院長のひとりごと コラム
院長のひとりごと コラム HOME

さきたクリニック院長 先田功が
毎月乳がん医療に関することなどの医療コラムを更新。

乳がんや乳腺疾患、近年の乳がん治療、乳がん検診の医療情報や乳癌学会の内容など、院長が執筆し「院長のひとりごと」と題しWEB配信しております。

オリンピック、パラリンピック無事閉幕

 東京2020(オリンピック、パラリンピック)が無事閉幕しました。
新型コロナ緊急事態宣言下、原則無観客という異例の開催でした。東京では感染者数が増加する中、バブル方式を採用した選手や競技関係者の感染は外界より抑えられました。こうした状況の中で滞りなく競技が行われたことはまずは成功と言えるでしょう。
意見はいろいろあるかもしれませんが、歴史に刻まれる大会であったことは間違いないでしょう。

オリンピック、パラリンピック無事閉幕イメージイラスト

 

それにしても日本をはじめ、世界各国選手の活躍には目を見張るものがありました。
日本選手のメダルラッシュに毎日テレビにくぎ付けとなりました。世界トップアスリートのパフォーマンスに目を奪われました。純粋にスポーツのすばらしさを改めて思い知らされました

 

特にパラリンピックは日本開催ということでとても身近に接することができて感動しました。
世界人口の15%は何らかの障害を持つ人々であるという強いメッセージが伝えられました。
多様性の世界が目指される中、様々な背景を持つ人々と共存共栄することのすばらしさが見事に体現されていました。
私は特に開会式、閉会式に心を打たれました。決して派手さはないものの、テーマがはっきりしていて何より障害のある人たちのパフォーマンスが見事でした。

 

今は祭りの後の寂しさに包まれています。オリンピック、パラリンピック閉幕後、最近は嘘のように感染者数が減少してきています。まだまだ油断はできませんが、この傾向が続くことを願ってやみません。
オリンピック、パラリンピックが東京で開催された2021年は日本にとっても世界にとっても忘れられない年となることでしょう。

 

 

著者 院長・医学博士 先田功

乳がん検診・乳腺外科
さきたクリニックホームページ

さきたクリニック

著者 院長・医学博士 先田功

さきたクリニック

〒662-0971
兵庫県西宮市和上町2-35 テルヴェ101

院長・医学博士 先田功