西宮市|さきたクリニック-院長のひとりごとコラム-新型コロナワクチン

さきたクリニック
院長のひとりごと コラム HOME
院長のひとりごと コラム
院長のひとりごと コラム HOME

さきたクリニック院長 先田功が
毎月乳がん医療に関することなどの医療コラムを更新。

乳がんや乳腺疾患、近年の乳がん治療、乳がん検診の医療情報や乳癌学会の内容など、院長が執筆し「院長のひとりごと」と題しWEB配信しております。

新型コロナワクチン

 新型コロナワクチンイメージイラスト世界で新型コロナワクチンの開発が進んでいます。ワクチンが実用化されればコロナ対策は大きく前進するでしょう。通常ワクチンの開発には1-2年の時間が必要と言われています。効果と安全性の問題があるからです。そもそもワクチンは健康な人に接種するわけですから安全であることが基本です。しかし医薬品である限りは副作用をゼロにすることはできません。

重篤な障害をもたらす場合や命に係わる有害事象が起こることもあり得ます。しかしその不利益を上回る利益があれば実用化に舵を取らざるを得ません。

日本としてはインフルエンザワクチンを基本的に国産品で賄っていましたが、今回は外国産ワクチンを積極的に取り入れ、承認を早め、副作用に対する賠償にも対応するという態度を表明しています。うまくいけば来年のオリンピック、パラリンピックに間に合うかもしれません。

ワクチン接種はあくまでも個人の意思に委ねられています。ワクチンは決して万能薬ではありません。打ったからと言って絶対にコロナに罹らないわけではありません。一定の危険も伴うことを十分理解したうえで受けるか受けないかを判断する必要があります。

 

ワクチンについて考える人々のイメージイラスト一方で今年の冬はインフルエンザにも備えなければなりません。予防のための手洗い、うがい、マスクはコロナと共通ですが、インフルエンザにはワクチンがあります。症状だけではインフルエンザもコロナも見分けがつきません。医療従事者や高齢者、持病のある人は早めの接種が勧められます。

インフルエンザワクチンは例年よりは増産されるものの数に限りがあります。希望される方は早めの対応が必要かと思われます。

 

三密を避けて、手洗い、うがい、マスクを励行し予防に努めましょう。人類一致団結してこの病に打ち勝ちましょう。

著者 院長・医学博士 先田功

乳がん検診・乳腺外科
さきたクリニックホームページ

さきたクリニック

著者 院長・医学博士 先田功

さきたクリニック

〒662-0971
兵庫県西宮市和上町2-35 テルヴェ101

院長・医学博士 先田功