西宮市|さきたクリニック-院長のひとりごとコラム

さきたクリニック
院長のひとりごと コラム HOME
院長のひとりごと コラム
院長のひとりごと コラム HOME

さきたクリニック院長 先田功が
毎月乳がん医療に関することなどの医療コラムを更新。

乳がんや乳腺疾患、近年の乳がん治療、乳がん検診の医療情報や乳癌学会の内容など、院長が執筆し「院長のひとりごと」と題しWEB配信しております。

新型コロナ禍(2020.03日本)

 新型コロナウィルスが世界で猛威をふるっています。状況は時々刻々変化しています。

2020年3月27日の段階での状況でつぶやきます。

 

マスクでウイルス予防をしているイラストまず復習です。新型とはどういうことでしょうか?ウィルスは動物の種によって感染するものが違います。新型とは今までヒト以外の動物に感染していたものが突然ヒトに感染できるようになったものです。つまりヒトは初めてこのウィルスに遭遇するため、免疫がなく重症化しやすくなります。

 

今のところ日本では新型コロナを抑え込んでいるでしょうか?今シーズンの季節型インフルエンザの状況は、昨年の暮れくらいまでは大流行の兆しが見られました。ところが新型コロナの予防が叫ばれるようになり、感染は明らかに抑え込まれました。ウィルスの予防は基本的に同じですから、この状況から考えて日本では今までのところ新型コロナはかなり抑え込まれていたものと思われます。

 

今や感染の中心は中国から欧米諸国に移っています。特にイタリアの状況が厳しい模様です。

日本においてもこれは決して対岸の火事ではありません。いつ感染爆発が起こってもおかしくありません。現在の自粛体制はとてもつらいものがありますが、都市封鎖となると状況は今の比ではありません。何とかこの状況が続けられることがベストです。

 

ウイルス予防に手洗い、アルコール消毒をしているイラストワクチンができるまで、治療法の目途がたつまで、何とか今の状況を維持しましょう。

それでも感染爆発が起こってしまったら、中国、欧米諸国の状況を鑑み医療崩壊に陥らず一人一人が身の安全を守るよう心がけることが大事です。まずは予防を心掛け、体力を維持して免疫力を高め、皆で一丸となって新型コロナに打ち勝ちましょう。

 

著者 院長・医学博士 先田功

乳がん検診・乳腺外科
さきたクリニックホームページ

さきたクリニック

著者 院長・医学博士 先田功

さきたクリニック

〒662-0971
兵庫県西宮市和上町2-35 テルヴェ101

院長・医学博士 先田功